マンション

賃貸物件を借りるために必要な保証人!保証会社を使って解決!

個人法人を問わず基本的に誰でも利用できるのが保証会社の強み

スーツの男性

仮に連帯保証人が身のまわりに誰もいなくても、国籍及び職業や年齢を問わず賃貸を借りられるのが保証会社を利用した場合の利点です。誰でも借りられるのは入居希望者にとって希望の光で、家賃債務保証を行ってくれるというのですから保証会社の存在がとても大きいのは改めて言うまでもありません。

この保証会社を有効的に活用すれば、たとえば法人名義で賃貸を借りたい場合の保証人にもなってくれます。あくまでビジネスの一環として賃貸を借りるなら保証人もビジネスライクにしたほうがやりやすくなりますので、このシチュエーションでは保証会社に依頼して保証人になってもらったほうがしっくりきます。保証会社ならきちんとしていますから頼りがいという点においては他を凌ぎますし、トラブルになる可能性は極めて低いと考えることができます。それなら契約のことを気にせず賃貸に住めますので、法人で契約したい時に保証会社は役立つ存在です。

このように個人法人を問わず利用できるのが保証会社の強みですので、もしも契約のうえで保証人の選定に迷うようなら保証会社はおすすめです。保証会社なら保証人として適格ですから何も不安点はないですし、賃貸の契約で悩んでいるなら覚えておきたいところです。

高齢で連帯保証人がいない場合は保証会社を利用しよう

賃貸物件の契約の仕方も時代によって変わってきます。昔は、賃貸契約をするのに、誰か身内の人に連帯保証人になってもらうのが普通でしたが、最近よく聞くのは、保証会社という会社のことです。保証会社というのは、名前から、何かを保証する会社ということは簡単に想像がつきます。何を保証するのかというと、家賃を滞納した場合の支払いを保証するのです。このことを、家賃債務保証と呼んでいます。
自分が若いころには、親を始め、血縁の人に連帯保証人になってもらって賃貸物件を借りることが出来たでしょう。しかし、時間が流れ、自分自身も高齢者の仲間入りをし、気が付けば、連帯保証人の役を引き受けてくれる身内が周りに誰も残っていない。そんな場合も十分にあり得ます。こうした場合に利用したいのが保証会社です。保証会社を使えば、連帯保証人なしで借りられる物件があるので、賃貸で生活するならそうした物件を選びましょう。
連帯保証人を立てる場合と保証会社を使う場合の違いの一つとして、保証料があります。保証会社を利用する場合は、一定の額の保証料を家賃に上乗せして支払います。従って、その点を踏まえて、妥当な家賃の物件を探すことも大切になってくるでしょう。

保証会社を利用すれば保証料を払うことで賃貸物件を借りられる

賃貸マンションを探していて最近よく聞く保証会社という言葉があります。これは何をする会社か、ご存じでしょうか。一言でいえば、賃貸マンションの借主が家賃滞納した場合に、その家賃債務保証、即ち、滞納した家賃を借主に代わって払ってくれる会社です。
保証会社を利用して賃貸マンションを借りるというやり方は、急速な広まりを見せています。この背景として、賃貸マンションを借りたい人達の中に、連帯保証人を見つけられない人が大勢いることがあります。従来、家賃債務保証というのは、連帯保証人が担う責任でした。連帯保証人の責任は、このように重いものなので、誰にでも頼めるわけではありません。現実的には、親や兄弟、近い親族など、連帯保証人を頼める人は、ごく限られているでしょう。そのため、連帯保証人を見つけるのが困難、あるいは全く不可能な人も多いのです。しかし、保証会社を使えば、そんな場合も問題なく賃貸マンションを借りられます。保証会社を使うには保証料を払うだけで済み、審査に通過すれば問題なく賃貸契約が出来るのです。物件により、保証会社のみで大丈夫なところ、連帯保証人と保証会社の両方が必要なところなど、いろいろありますので、保証会社のみで契約出来るところを探しましょう。


個人法人を問わず基本的に誰でも利用できる保証会社は【エルズサポート】がおすすです。きっと悩みが解決するので一度相談してみてくださいね!

TOP