マンション

賃貸物件を借りるために必要な保証人!保証会社を使って解決!

保証会社を使えば借りられる賃貸物件を探してみよう

笑顔の女性

賃貸物件を借りる契約では、借主が家賃滞納した場合に家賃債務保証をする立場として、連帯保証人も名前を連ねる必要があります。家賃債務保証というのは、責任としては決して軽いものとは言えず、大抵の借主は身内の誰かにこれを引き受けてくれるように頼みます。しかし、皆が皆、連帯保証人を頼める身内がいるとは限りません。では、そんな方々は、賃貸物件を借りる手立てがないのかというと、そんなことはありません。保証会社を利用して、連帯保証人役を企業に担当してもらうことにより、賃貸契約を締結することが出来るのです。
保証会社を使って、借主の家賃滞納の場合の支払いをする役を引き受けてもらうためには、その利用料として、保証料を支払わなければなりません。頼れる身内がいない場合、それを見つけるのはほぼ不可能ですが、保証会社なら、保証料というお金を払いさえすれば、会社に連帯保証の責を負ってもらうことができるのです。賃貸で暮らす希望があるにも関わらず、連帯保証人を頼める人がいない場合、このメリットはとても大きいでしょう。
なお、保証会社によって保証料が高額な場合と比較的安い場合があるので、利用する場合は、可能であれば、保証料が安いところを選ぶ方がお得です。

TOP