マンション

賃貸物件を借りるために必要な保証人!保証会社を使って解決!

保証会社を使って賃貸契約できる物件も数多くある

室内

どなたか身内の方が賃貸物件を借りる際に、連帯保証人を引き受けたことがある人も沢山いるでしょう。連帯保証人は、家賃債務保証という重責を担う立場のため、いくら身内といえども、家賃滞納リスクが高い人の連帯保証人を引き受けるのはためらわれるはずです。近年、連帯保証人の代わりに、保証会社を利用して賃貸契約できる物件が増えていますが、この点の判断は保証会社も同様です。つまり、家賃滞納リスクが高い借主と判断すれば、審査で不可という結論を出します。自分自身が賃貸物件を借りる必要に迫られたものの、すでに高齢のため、連帯保証人を引き受けてくれる人がいないという場合、こうした保証会社を使える物件を選べば、部屋を借りることができます。しかし、その際、収入に加え、過去に家賃滞納の履歴がないかどうかもチェックされる点、念頭においておきましょう。特にそのような問題がなければ、無事に審査を通過して、賃貸マンションなどに入居できます。保証会社を使う場合、月々の家賃に加えて、保証料を別途支払う必要がありますが、金額や、家賃同様毎月払うのか年払いなのかは、物件によって事情が変わります。事前に詳細を確認の上、保証会社を利用しましょう。

TOP