マンション

賃貸物件を借りるために必要な保証人!保証会社を使って解決!

連帯保証人が見つけられないなら保証会社を利用するのがおすすめ

電卓

賃貸物件を借りる契約をするときに、連帯保証人欄に記載すべき名前を思いつかず、困ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。賃貸契約における連帯保証人は、家賃債務保証という重い責任を負う立場です。ちょっとした知り合いや友達などに気軽に頼める性質のものではありません。自分が家賃を滞納した場合に、それを代わりに払ってくれる人となると、現実問題として、身内以外に頼むことはできないでしょう。
しかし、人によって身内との関係も希薄だったり、そもそも身内がいないなど、様々な事情があります。連帯保証人がいなくて賃貸契約が出来ないと悩んでいるなら、保証会社を利用するという方法があります。これは、連帯保証人に滞納家賃を払ってもらう代わりに、保証会社にそれをしてもらう、そのために、家賃に加えて保証料を支払うというやり方です。
最近は、連帯保証人不要、代わりに保証会社を利用のこととされている賃貸物件もあります。連帯保証人を見つけられないなら、まずはこうした物件に絞り込んで入居申し込みするといいでしょう。保証会社を使うには保証料が発生することを忘れずに、それを踏まえて、支払い可能な賃料という条件で物件探しすれば確実です。

TOP