マンション

賃貸物件を借りるために必要な保証人!保証会社を使って解決!

様々な事情で連帯保証人が見つけられない場合は保証会社を使おう

悩む女性

連帯保証人というのは、債務者と連帯して債務負担の責を負う立場の人を意味する言葉です。典型的な例として、賃貸マンションなどの賃貸物件を借りる際に、連帯保証人は、借主ともども、賃貸契約書に名前を書くことを求められる場合が多いです。万が一、借主が家賃を払わなかった場合、連帯保証人が代わりにこれを支払う責任があります。家賃が安い場合は、こうした家賃債務保証もさほど重いものではないかもしれません。しかし、月々の家賃が高い物件の場合は、連帯保証人の責任もそれに比例するように重くなります。
そのため、連帯保証人の役は、通常は、よほど自分と近い間柄の人に頼むのが普通です。具体的には家族の場合が殆どですが、様々な事情から、頼めない人も大勢います。そんな時は、家族という特定の人に変わって、保証会社という会社がその役割を引き受けてくれる物件があります。保証会社を利用するのに、保証料を払う必要があり、この点、特に追加の支払いが発生しない連帯保証人とは、扱いが異なります。しかし、連帯保証人という重い役割を頼める人探しの苦労よりは、保証料さえ払えば済む保証会社を使う方が、遥かに容易でしょう。是非、利用してみてはいかがでしょうか。

TOP